勃起不全の改善ポイントの紹介

勃起不全とは「性交時に十分な勃起が得られないため、あるいは十分な勃起が維持できないため、満足な性交が行えない状態」と定義されています。ストレスなどの心因性、生活習慣病によって起こる勃起不全など様々な原因があります。ここで、勃起不全の改善ポイントのほうから、簡単に説明いたします。

1.食事

勃起不全の改善を行なうには体調を調整することが大切です。栄養バランスのとれた食生活、十分な睡眠、適度の運動等です。食生活は「精」のつく食事、とくにホルモンのバランスを整え、生殖機能を向上させ血行促進させるビタミンE、生殖能力を維持発達させる亜鉛、性機能に重要な働きのある甲状腺の回復を向上させるヨウ素、でんぷんや糖質をエネルギーに変えるビタミンB1、ストレスに抵抗力をつけるビタミンCなどを豊富に含んだ食材を使う食生活に注意する必要があります。
勃起不全の改善のためのビタミンEが多く含まれる食べ物は、たらこ、アーモンド、落花生などに、亜鉛は、肉類、魚介類に多く含まれ、レバー、卵黄、うなぎの蒲焼、牡蠣がその代表です。ヨウ素は、昆布、わかめなどの海藻類に多く含まれ、ビタミンB1は、豚肉、うなぎの蒲焼、玄米などに、また、ビタミンCはグアバ、いちご、みかん、ブロッコリーなどに多く含まれています。
2.適当に飲酒、喫煙
勃起不全の改善のためには、適当に飲酒することが大切です。深酒したり、アルコール依存症になると自律神経や大脳を麻痺させ、そのため勃起できなくなり、勃起不全になります。とくに中高年の方には注意が必要です。タバコの中のニコチンには、血管を収縮させる役割があります。ヘビースモーカーは、勃起能力が衰え勃起不全を引き起こします。禁煙が無理なら、節煙に心がけましょう。
3.運動
勃起不全の改善に役立つ運動はウォーキングやジョギングなどがあります。適度の運動は、新陳代謝が高まり各組織の働きが活発化し、血液循環が促進され体調がよくなります。勃起不全の改善には適度な運動を取ることは大事なことです。
4.睡眠
勃起不全の改善には睡眠は非常に大切です。熟睡は、脳を活性化させ、心と体の疲れを取り、ストレスを解消し改善させます。不眠の方には眠れるための工夫が必要です。寝る前にぬるめのお湯にゆっくり入って、心身をリラックスさせると、眠りにつきやすくなります。入浴して体が温まると、体温を一定に保つために、体温が下がってきます。体温が下がっていくときに入眠しやすくなり、同時に脳の温度も下がっていくので良質の睡眠が得られます。
夕食は、胃に負担がかからないようにしましよう。また、レタスは眠気を誘う食べ物の代表です。夕食にレタスを食べてみましょう。就寝のとき、牛乳を温めたホットミルクはお勧めです。コーヒー、紅茶、日本茶等は避けましょう。
深い睡眠を得るためには、寝る前の行動が大切です。寝る直前まで頭を使っていると、寝つきが悪くなります。布団に入る前にリラックスタイムを設けて頭を冷やしましょう。
布団の中では、ぼんやりして楽しいことを思い出すと眠りやすくなります。気になることや心配ごとや大事なことは、メモをとりましょう。布団の中では無理に眠ろうなんて考えず、深呼吸をしながらぼんやり楽しいことを思っていれば自然に眠くなります。熟睡は、勃起不全の改善に大変役立ちます。