ED(勃起不全)の種類と原因

確かに歳を重ねるとEDになる割合は高くなります。神経と血管のどちらかが、または両方が正常に働かなくなると、結果として陰茎海綿体に十分な血液が流れ込まず、「十分な勃起が得られない=ED」が起こりやすくなります。

ED(勃起不全)といっても、いくつかの種類があります。種類によって、勃起不全の原因は違います。

器質性ED

50歳代に多いです。加齢に伴うものであれば、特に動脈硬化(血管が硬くなる症状)が原因と考えられます。動脈硬化になると血管が十分に拡がらないばかりか、血液の循環が悪くなります。そのため、陰茎海綿体にも十分な血液が流れ込まず、EDが起こりやすくなります。尚、糖尿病や高血圧、高脂血症などの生活習慣病の人では、血管に大きな負担がかかるために、しばしば動脈硬化が進行していることがあります。そのため、結果としてEDが起こりやすくなります。また、喫煙や過度の飲酒も同様の理由から、EDを引き起こす原因と考えられています。

薬剤性ED

特定の薬の副作用でEDになることがあります。中枢神経などに作用する薬、循環器・消化管に作用する薬などで、具体的には解熱・鎮痛剤、抗うつ薬、血管拡張剤などが挙げられます。一昔前は、EDの原因はほとんどが心因性だと考えられていましたが、診断法の進歩にしたがって器質性や薬剤性、器質性と心因性の両方を伴う混合性があることもわかっています。

心因性ED

心因性EDを引き起こす主な心理的・精神的な要因には、「精神疾患」「現実心因」「深層心因」の3つがあります。

うつ病や躁(そう)病、不安神経症や統合失調症などの精神疾患が原因で、心因性EDになることがあります。

うつ病などの精神疾患がなくても、日常生活におけるストレスが原因でEDになることもあります。ずっと頭から離れない心配事があったりすると、脳が性的興奮を覚えなくなり、勃起障害が起こってしまいます。

日常生活から来るストレスではなく、心の奥に秘めた怒りや不安、トラウマといったものを「深層心因」と呼びます。

混合型ED

EDの現状をみると、ストレスだけが原因、あるいは動脈硬化の進行や神経に障害があるだけが原因ということは少なく、どちらの要素も合わさった混合型EDが多いと考えられています。特に、糖尿病や高血圧、外傷などに精神的な要素が加わってEDになっていることが多いといわれています。

ペニス増大手術に関する情報

ペニスを増大するにはいろんな方法があります。たとえば、サプリメント、増大手術、牽引、ペニストレーニングなどがあります。中に増大手術は長さ・太さとも外科的にペニスを増大することは可能です。しかし、外科的方法でも「10cmも伸びる」なんてことはありません。良くて3割程度の増大が可能です。これから、増大手術について紹介します。

亀頭増大手術とは、その名の通りペニス全体ではなく亀頭部分の強化に絞った手術方法で、亀頭全体やカリ部分を硬く大きくすることが可能になります。病院によって施術法がいくつかありますが、簡単なものだと注射1本で簡単に亀頭増大することができ、時間も10分程度で済むので、本格的なペニス増大手術より人気があるように見受けられます。

長茎手術は体の中に潜っているペニスを引き出す手術です。程度により、糸で止めるだけでも効果が出せますが、一般的には靭帯を緩めることによって引き出すという手術を行います。しかし、勃起している時、ペニスは完全に外に出ている状態なので、勃起時の長さを増やすことはできません。

陰茎増大手術はペニスに注入物を入れて太さを出す治療になります。注入するものにより効果や持続期間に差が出ます。一番手軽なのは、持続型のヒアルロン酸を注入することです。個人差はありますが、1年以上は効果を期待できます。 永続的な効果を希望されるのであれば、ご自身の脂肪を注入する方法が選択肢としてあります。